スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未成年者とアパート賃貸借契約を締結した場合

民法第5条で、未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。とされています。

したがって未成年者とアパートの賃貸借契約を締結した場合は、親権者の同意がなければ、未成年者がそれを取り消すことが出来ます。誤って未成年者と賃貸借契約を締結した場合は、その後両親の同意または連帯保証をしてもらっておくべきでしょう。

未成年の学生さんなどがアパートの入居をする場合には起こりうることです。
スポンサーサイト

テーマ : 不動産
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

最新トラックバック

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
41669位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スタッフブログ
4442位
アクセスランキングを見る>>
通販
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。