スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重要事項の説明

宅地建物取引業法の第5章・第1節 通 則・第35条に(重要事項の説明等)という項目がある。

第35条一項には
宅地建物取引業者は、宅地若しくは建物の売買交換若しくは貸借の相手方若しくは代理を依頼した者又は宅地建物取引業者が行う媒介に係る売買、交換若しくは貸借の各当事者(以下「宅地建物取引業者の相手方等」という。)に対して、その者が取得し、又は借りようとしている宅地又は建物に関し、その売買、交換又は貸借の契約が成立するまでの間に、取引主任者をして、少なくとも次に掲げる事項について、これらの事項を記載した書面(第5号において図面を必要とするときは、図面)を交付して説明をさせなければならない。

とあり、次ぎに掲げる事項には、物権の所有者や土地、建物、設備についてや契約の内容などが含まれるが、
”法律に不慣れな一般人と法律が得意な宅建業者が契約を行う場合には、専門の宅建主任者による説明をしなさい”
という一般人を保護する意味が込められているようだ。
そもそも民法では個人どうしの賃貸契約に宅建業法は該当しない。つまり重要事項の説明は必要ではない。
だいたい昔の長屋や田舎のアパートでは口約束も珍しくない時代もあったのだから・・・。


アパート情報
お問い合わせ
スポンサーサイト

テーマ : 不動産
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

最新トラックバック

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
151747位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スタッフブログ
10111位
アクセスランキングを見る>>
通販
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。